分譲住宅の購入

17年05月01日

物件を購入する際、専門家ではない限り知識はあまりない人が多いでしょう。購入する際には自分自身でもしっかりと予備知識をいれる方が良いでしょう。物件を購入する基本的な流れは物件を見学して、よく見て相談して納得しましたら購入の申し込みをしましょう。申し込みの前にも仲介人等にほかにも買い手がいる等と回答を催促するような言葉を投げてくるかもしれません。

ですがそれには惑わされずにじっくりと検討しましょう。申込書を書き、申し込み金をお支払いすれば住宅ローンの申し込みです。売買契約の締結も済み、住宅ローンの審査も通れば後は最後にもう一度内覧にいき、支払いがある人は支払いその後に入居となります。手続きには最低限でもこのくらいはかかるので、金銭面や環境、メリットを判断して決して後悔のないように購入するようにしましょう

気を付けていただきたいのは分譲住宅をおススメしてきた営業マンには気をつけた方が良いでしょう。不動産仲介業者は分譲住宅についての知識はあまり持ち合わせていません。中にはちゃんと詳しい人もいるでしょうが、それは今ではあまりいません。会社によって変わるかもしれませんが仲介を頼んでいる場合、仲介手数料を取られます。

但し売買代金の割合により費用の目安を測ります。売買代金の3~5%ですと仲介手数料が不要。6~8%ですと仲介手数料が必要な取引です。3~5%に収まらなければ少し見直した方が良いでしょう。当サイトでは分譲住宅の購入のポイントを説明します。